読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時給5000円

どうも、日本のサラリーマンの限界は、時給5000円くらいで落ち着く気がする。

年収1500万円のサラリーマンは多忙なわけだ。

果たして、同じ時給5000円のサラリーマン、月に150時間働く人と、月に300時間働く人、どっちが幸せなんだろうな??

時間を切り売りするサラリーマンとしては、時給が高いかどうかが重要な訳で、いずれは、俺も、時給5000円を達成したい。

とは言え、うちのかあちゃんの時給は1万円超えているorz

動けばOK

動けばOK、いや、実際は逆で、最低でも動かなくてはいけない。

しかし、納期までに動作すること以上のビジネス要件が無いのだ。

さらに、プロジェクトの技術負債は、もはや一括返済が不可能だし、技術負債の返済という工数は割り当てられない。

依存関係が不明確なスパゲッティコードで、これを見せられた新人が伸び悩むのは仕方ない。

中堅エンジニアクラスの無責任な「書き直せ、書き直せ」の大合唱がイライラを募らせる。

お前ら書き直す力量も無いくせに、工数も無いのに、本当に無責任だよな。

まだまだ、プロジェクト「ハウルの動く城」は歩き続ける。

大丈夫、耐震補強は任せておけ。

あと、5年は支えてやる。

だから、まずは、お前の仕事は「動けばOK」だ。

 

脳の働きにいいのは?

睡眠、栄養、反復いろいろあるけど、

ま、アドレナリンに勝てるものはないよな?

 

ざっくりまとめると、好きなこと以上に脳を働かせることはできないってことだ。

 

それは、多分能力差をはるかに凌駕すると思うんだが。

好きこそものの上手なれ。

ことわざ、どんだけ凄いんだwww

百聞は一見にしかず。

素晴らしい格言だ。

 

百聞不如一見
百見不如一考
百考不如一行
百行不如一効
百効不如一幸
百幸不如一皇

 

お、最後は、なんか、きな臭いな。

最期はおいておいて、百行不如一効までは素晴らしい。

そうなんだよ、100回やってみることより、1回うまく行くことが大事なんだよ。

 

どんなに色々な人から聞きかじっても、それを見てみなくては、何の価値もない。

どんなにそれをよく見たところで、それについて何かを考えなくては何の価値もない。

どれだけ考えを巡らせたとしても、それを実行してみなくては何の価値もない。

どれだけ試行錯誤を重ねたとしても、いい結果にたどり着けなくては何の価値もない。

どれだけ素晴らしい結果を得られたとしても、それが幸せでなくては何の価値もない。

どれだけ幸せであっても・・・??

 

なんだ、皇って???

世の中の役に立たなくてはいかん、的なものらしい。

昔の人すごいな、やっぱり、ことわざ凄いわwww

幸せ以上の価値観が古代中国には既に存在するわけだな    orz

人間なんて何も新しいものにたどり着けていない感が、今MAXだわ。

仕様書の話

仕様書、それは常に正義のように語られる伝説のドキュメントである。

 

じゃあ、誰もが感動するようなイケメンの像を作る仕様書を出してくれ。

じゃあ、R=30cmの大理石の球体の仕様書を題してくれ(ってか、それは既に出ている)

 

な、仕様書に書きやすいものと書きにくいものあるだろ。

人を感動させるなんてな、仕様じゃなくて企画、な、企画。

 

企画書書いてこいやぼけ。

 

とは言え、今後、我々は企画もマーケット分析もしなくてはいけないのかもしれない。

 

だって、メーカーの社員だからな。

エンジニア特別契約とかで雇われている訳では無いからな。

企画も営業もバカだったら、俺らがやるしかない分けでしょ、ビッグデータとかで分析して、何が人を感動させるかとか調べるわけでしょ。

 

どんだけ、俺らを雑に扱っていると思っているんだ、社長のバカ野郎。

こんだけ考えて、ビッグデータ解析までやる社員に少しは感謝しろ。

おしゃべりは本能だよな、多分

人間は一人では生きていけない。

何故か?

それは多分本能的なものだ。

コミュニケーションがどうしても必要なのだ。

常に群れで生活してきた人類の本能だと思う。

だから、どれだけ理性が発達しても本能を否定してはいけない。

 

いわゆる頭が良いといわれる人は、理性的な人が多い。

高学歴なら、まっとうな人が多い的な先入観は間違いなくある。

低学歴な環境は、暴力や性的な部分と触れる機会が多い。

本能と接しやすい環境なのだ。

それはむしろ、素直な感情表現が出来ることであり、子孫を残す本能が強い事であり、何が何でも生き残るための物理的な方法を知っている事でもある。

こんな事は増田でしか書けないが、低学歴だが、頑張っている奴らとの付き合いは結構ある。

少なくとも俺の付き合いがある連中は、低学歴だから、頭が悪いと思う奴は一人もいない。

ま、そういう奴らしか付き合いが無いのも確かだが。

「お前、明日から、今一緒に仕事しているxxの代わりにうちの会社に来てくれよ。

xxは何年もこの筋のベテランのはずなんだけど、全く使えないんだよ。

お前の方が絶対仕事できるわ。」って言いたくなる事もある。

結局代われないから無理なんだけどな。

そもそも理性的であることが常に優秀なんて馬鹿げている。

話を戻すと、本能は、人間の本質であり、存在意義だ。

 

自分は、人より、性欲が強く、人より暴力的・感情的かもしれない。

だが、それは本能が色濃く残っているだけであり、何も恥ずべきところはない。

いやむしろ、周りの人間より仕事が出来るとしたら、誰よりも優秀なのではないのか?

 

結局、「仕事が出来る」という言葉の意味が変わってしまうと全てがひっくり返る。

本当にずる賢い奴らは、この「仕事が出来る」の定義を自分の都合のいいようにその都度変えていく。

本当にうまい。

ある時は「利益が出る事」が「仕事が出来る」であり、

ある時は「全体最適化に貢献している事」が「仕事が出来る」であり、

ある時は「強調して全体をまとめていく事」が「仕事が出来る」ことであり、

あるときは「バランス感覚」が。

評価基準をあいまいにするのは卑怯だろ。

評価面談の際の主語は「私が全社方針のために貢献したことは」で始めるべきなんじゃ?

 

ああ、全く話が、それた。

 

で、おしゃべりの本質とは?

それは、本能ではないだろうか?

群れで活動することが、人類の本来の姿であるなら、自分の知り得た情報を群の誰かに伝達する事が本能なのではなかろうか?

おしゃべり、性欲、暴力、感情、全て本能。

すげー雑なまとめ。

死ぬ前にやっておきたい事。

一度でいいから、ストリートでフラッシュモブをやってみたい。

ライトニングトーク、100回連続で聴衆をおおうけさせたい。

成人した娘と飲みに行きたい。

娘の結婚相手と飲みに行きたい。

孫を抱きたい。

でも、娘と過ごす毎日だけで、かなり人生を満喫した。

あと10年くらいはそれだけで良いのかもしれない。

それ以上生きるチャンスがあるなら、自分のために時間を使いたい。

そしてその時は、妻にも自分の時間を使ってほしい。

その時はフラッシュモブできるかな?

ライトニングトークできるかな?

ライトニングトークはできそうな気がするが。

読書と、散歩と、お酒と、OSS開発と、たまにライトニングトークと、って老後、最高だな。

よし、頑張ってそんな爺さんになるぜ。