読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いつまでも、エンジニアで食べていくことはできないよ。そろそろマネージメントの道をかんがえたら」とか馬鹿じゃね?

だって、エンジニアであること自体が人生の目的の一つなに、なんでわざわざ目的を逸脱するんだ?

自分の手で作ったもので、対価をもらう。

素晴らしい職業だ。

そんな素晴らしいエンジニアを、都合のいいようにコントロールする、それがマネージメントの仕事なら、なんてつまらん仕事なんだ。

難しい課題に対して、しびれるようなストレスを感じながらも、自分の中でPDCを回しながら、課題を解決し、誰からもほめられない、自分だけが自分をほめる。

当たり前のような、「あの件は解決しました」の報告一言。

そんな辛い側面から、逃げるようにマネージャーになったテメエに、とやかく言われるほど落ちぶれた仕事はしてねえぞ。

歳をとれば、エンジニアとしてのパフォーマンスは落ちる。

頭が悪くなるからな。

いわば、低スペックのパソコンを使って仕事をするようなもんだ。

だから方法論を大事にする。

それしか残っていないからな。

ま、ど根性で頑張るのも方法だが、俺はそれはしない。

まあ、とはいえ辛いな。

まだまだ、あと10年はいけると思う。

 

技術力のあるエンジニアで良かった・

強い立場で良かった。

部署に200人くらいエンジニアがいるらしいが、こんなことを言えるほど強い立場のエンジニアは俺だけだ。

攻めるべきに攻める。

今は守りではない。

とことん攻める。

さんざん、パワハラに耐えて、実力を発揮する機会をとことん奪われ、自分の成果を奪われ、どれだけ虐げられてきたことか。